通販の「のぼり」は印刷方法も種々さまざま

通販で購入

オリジナルのぼりを通販で発注する場合、使用目的や数量などで
印刷方法も仕様も変わってきます。

のぼり旗の印刷は、主にシルクスクリーン印刷とインクジェット印刷に
大別されます。

シルクスクリーン印刷は同じ内容のデザインで大量にする場合に使われる
ことが多く、印刷枚数が増えると一枚当たりの単価は安くなります。

ほぼ決められたカラーで印刷することができます。
印刷素材も豊富な種類から選ぶことが可能で、仕上がりも大変きれいです。

シルクスクリーン印刷は印刷前に製版が必要で、製版にかかる費用は
印刷枚数が多くても少なくても決められた金額が別に必要になります。

このため印刷枚数が少なくなると一枚当たりの単価は高くなります。

印刷方法

写真やフルカラーの印刷は難しく、表現があれてしまいます。

インクジェット印刷のメリットは製版を行わないために、少量での
印刷に向いています。

フルカラーや写真データの印刷もきれいに行え、写真画質の表現も
可能です。

印刷価格も複雑なデータや写真が混在していても変動がありません。

インクジェット印刷の場合、印刷枚数が多くなっても一枚当たりの
単価はほぼ変わらないため、大量印刷には向いていません。

単色の文字などの印刷では、シルクスクリーンに比べると色合いが
浅く感じられます。

出力はプリンターに通るものに限られるために、素材の指定が
できません。

印刷方式によるメリットデメリットはありますが、目的に応じた
方式を選択することが大切です。

持ち運びに便利なのぼり旗が人気

仕事をしている時に私たちが考えなければならない事は
その仕事によってどれくらい利益を上げられるのかと
いう事になるのではないでしょうか。

このような事を考えなければ、仕事をしていた意味が
無くなってしまいます。

ですから、できるだけ多くの利益を上げられるような
工夫をする事が、私たちに求められていると言っても
過言ではないでしょう。

利益

その工夫をどのようにするのかがビジネスの勝負どころと
なるはずです。

最近ではコンピューターを駆使した方法が用いられますが
のぼり旗を効果的に使っても、利益をかなり上げる事が
できるはずです。

のぼり旗を色々な場面で活用する事ができれば、多くの方々に
商品の特徴やサービスを実施している事を知って貰う事が出来ます。

また、旗を持ち運びできるようなタイプのものを保有しておけば
面倒に思える準備も快適に行なわれ、それだけ商品や
サービスの宣伝にも繋がっていくはずです。

それだけ、このタイプの旗が普及している状況にあります。

宣伝する

オリジナルのぼり旗の印刷データの作り方

のぼり旗を入手する際には、既製品を選択する人も
いるでしょうが、中にはオリジナルの物を確保することを
選ぶ人もいることでしょう。

なお、オリジナルののぼり旗を手に入れるとなると
印刷する際に必要なデータを用意しなければなりませんが、
作り方はいくつかありますので、それぞれの違いを確認して
自分にとって都合の良い方法を選択すると良いでしょう。

データを作る

一つは、イラストレーターを使用してAI形式のデータを
作る方法です。これであれば、データ作成に関する
費用はかからなくなります。

もしイラストレーターを持っていない方は、エクセルを
使う手もあります。

エクセルであれば、多くの人が使用している
ソフトでしょうから作りやすいと言えます。

ただし、この場合は3,000円ぐらいの
費用負担が必要になるものです。

のぼり旗

なお、エクセルを使った場合には、基本図形を決め
塗りつぶしや文字入れをしていく作業で、比較的簡単では
ありますが、手間に感じたり難しいと感じる人もいるでしょう。

その場合には、手書きでデザインを作ると言う手もあります。

のぼり旗を荒天の日に使用する注意点

店舗の駐車場やイベント会場周辺の屋外などには
集客のためにのぼり旗を立てることがあります。

のぼり旗は屋外に設置した時に風になびくため
存在にすぐに気づき、視認性も高いため
広告などのアピールによく利用されます。

気候に注意

しかし、のぼり旗には注意点もあり、台風や集中豪雨などの
荒天時には、猛烈な風によって破損してしまうこともあります。

旗の部分で受けた風圧の強さに耐えきれずに、旗を
取り付けてある棒が折れてしまうことがあります。

また、棒が折れたまま旗が吹き飛ばされたり、しっかり
取り付けていないと、根元から飛ばされてしまうこともあり
注意が必要です。

しっかり固定

のぼり旗を立てる時には、強い風で飛ばされてしまうことが
ないように、しっかりとした支柱に固定しておくと良いです。

支柱など固定するものがない場所に立てる場合には、
コンクリート土台など風で飛ばされない土台に
固定する方法もあります。

荒天になる予報が出ている場合には、破損したり
飛ばされてしまうことがないように旗部分を
前もって取り外しておくと良いです。

のぼり旗をオーダーメイド

オーダーメイド

のぼり旗を取り入れてお店を運営していきたいと思う人は
多くいるでしょうが、探してみるとなかなか自分が思い描いている
のぼり旗に巡り合わないことがあるものです。

そんな時に便利なのが、オーダーメイドによる入手です。
これであれば、自分が思い描くのぼり旗を手に入れやすいですから、
納得できる形でお店を運営していくことができると言えます。

ちなみに、オーダーメイドをする場合には、
まずサイズを選択します。

そして、データを作成する必要がありますが、これは大きく分けると、
自分で作成する方法と業者に作成してもらう方法の2つに
分けることができます。

自分で作成する場合には手間はかかりますが、
データ作成料がかからないというメリットがあります。

業者に作成してもらう場合には、自分で作成する手間は省けますが、
1点あたり3,000円ぐらいかかってしまうというデメリットがあります。

なお、作成してもらう場合に、ソフトを使ってデザインをするのが
難しいという人は、手書きのデザインでも対応してもらえるものです。

費用がかかる

インクジェットでののぼり旗のデザイン制作について

プリンター

のぼり旗インクジェット使用で、自宅にあるプリンタを使用する事で
簡単にのぼり旗を作る事ができます。

デザイン制作をパソコンでやってから、それを専用の印刷用紙を
セットして印刷をするだけなのですが、画像などの解像度に気を
つけないとにじんでしまったり薄くなってしまったりしてしまい
ますので、何度も試し刷りをして調節するという事を
お勧めします。

一度で完全な画像が印刷される訳ではありませんので、なるべく
失敗のないように無駄を省いて、印刷をするようにしましょう。

のぼり旗インクジェットを使用する事で、普通のインクジェットよりも
にじみが少なく、きれいに仕上がります。

印刷する用紙も、専用のものを使用するようにしましょう。

自分で作る事が難しいのであれば、専門店などに注文する事で
面倒な作業をする事もなく、デザイン制作するだけで良いので、
とても楽です。

自分でやると、失敗してしまい時間もかかってしまいますので、
そういったムダをなるべく減らそうというのであれば、そういった方法が
1番楽なのではないでしょうか。

お店によっては、値段も変わりますので、注意が必要です。
のぼり旗インクジェットは、実際に購入すると結構なお値段になります。

プリンタが無いところであれば、のぼり旗インクジェットを購入しないで、
その分発注してもらうと言うことが1番安く仕上がるのではないでしょうか。

安くて簡単にできる方法も、色々と考えなければいけません。

安くて簡単に

最もメリットがあるのぼり旗の設置場所

人目に付く

のぼり旗を設置するのにメリットがある場所は
人目につきやすいところです。

例えば人通りの多い通り沿いなどですが、設置するお店などが
奥まっていても宣伝効果を期待することができます。

また通り沿いに店舗を構えている場合には、設置場所をお店の前に
しておくことで、それを目印に集客することができます。

のぼり旗は縦に長く目立つので、基本的には設置場所は
それほど限定されないものです。

けれども大きなメリットを享受するためには、できる限り遠くからでも
見えるような位置で立てることにより、注目度を高めることができます。

また、お店の間口が広い場合には、数本をまとめて
立てておくのも効果的です。

目立つ

普段は何もない場所にのぼり旗を立てることで、特別感を
演出することができます。

そのためにキャンペーンなどを行う場合には、短期間で
より多くの集客を見込めるメリットが生まれます。

また一定期間だけ使用すれば良いので、耐久性も
それほど必要はなくなります。

そのためにコストを抑えるメリットが生まれます。
のぼり旗は風によって多少動きがあった方が注意を引くことができるので、
風通しが良いところを設置場所にするのもポイントになります。

また、街路樹の陰に隠れないようにしたり、他のお店の前に
置かないなど細かな点にも注意は必要になります。

屋内のイベント会場などで設置するのであれば、通りからの
見通しの良い場所に置くことが必要です。

他のブースの陰に隠れないようにすることが大切です。