のぼり旗を荒天の日に使用する注意点

店舗の駐車場やイベント会場周辺の屋外などには
集客のためにのぼり旗を立てることがあります。

のぼり旗は屋外に設置した時に風になびくため
存在にすぐに気づき、視認性も高いため
広告などのアピールによく利用されます。

気候に注意

しかし、のぼり旗には注意点もあり、台風や集中豪雨などの
荒天時には、猛烈な風によって破損してしまうこともあります。

旗の部分で受けた風圧の強さに耐えきれずに、旗を
取り付けてある棒が折れてしまうことがあります。

また、棒が折れたまま旗が吹き飛ばされたり、しっかり
取り付けていないと、根元から飛ばされてしまうこともあり
注意が必要です。

しっかり固定

のぼり旗を立てる時には、強い風で飛ばされてしまうことが
ないように、しっかりとした支柱に固定しておくと良いです。

支柱など固定するものがない場所に立てる場合には、
コンクリート土台など風で飛ばされない土台に
固定する方法もあります。

荒天になる予報が出ている場合には、破損したり
飛ばされてしまうことがないように旗部分を
前もって取り外しておくと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)