のぼり旗を荒天の日に使用する注意点

店舗の駐車場やイベント会場周辺の屋外などには
集客のためにのぼり旗を立てることがあります。

のぼり旗は屋外に設置した時に風になびくため
存在にすぐに気づき、視認性も高いため
広告などのアピールによく利用されます。

気候に注意

しかし、のぼり旗には注意点もあり、台風や集中豪雨などの
荒天時には、猛烈な風によって破損してしまうこともあります。

旗の部分で受けた風圧の強さに耐えきれずに、旗を
取り付けてある棒が折れてしまうことがあります。

また、棒が折れたまま旗が吹き飛ばされたり、しっかり
取り付けていないと、根元から飛ばされてしまうこともあり
注意が必要です。

しっかり固定

のぼり旗を立てる時には、強い風で飛ばされてしまうことが
ないように、しっかりとした支柱に固定しておくと良いです。

支柱など固定するものがない場所に立てる場合には、
コンクリート土台など風で飛ばされない土台に
固定する方法もあります。

荒天になる予報が出ている場合には、破損したり
飛ばされてしまうことがないように旗部分を
前もって取り外しておくと良いです。

のぼり旗をオーダーメイド

オーダーメイド

のぼり旗を取り入れてお店を運営していきたいと思う人は
多くいるでしょうが、探してみるとなかなか自分が思い描いている
のぼり旗に巡り合わないことがあるものです。

そんな時に便利なのが、オーダーメイドによる入手です。
これであれば、自分が思い描くのぼり旗を手に入れやすいですから、
納得できる形でお店を運営していくことができると言えます。

ちなみに、オーダーメイドをする場合には、
まずサイズを選択します。

そして、データを作成する必要がありますが、これは大きく分けると、
自分で作成する方法と業者に作成してもらう方法の2つに
分けることができます。

自分で作成する場合には手間はかかりますが、
データ作成料がかからないというメリットがあります。

業者に作成してもらう場合には、自分で作成する手間は省けますが、
1点あたり3,000円ぐらいかかってしまうというデメリットがあります。

なお、作成してもらう場合に、ソフトを使ってデザインをするのが
難しいという人は、手書きのデザインでも対応してもらえるものです。

費用がかかる

最もメリットがあるのぼり旗の設置場所

人目に付く

のぼり旗を設置するのにメリットがある場所は
人目につきやすいところです。

例えば人通りの多い通り沿いなどですが、設置するお店などが
奥まっていても宣伝効果を期待することができます。

また通り沿いに店舗を構えている場合には、設置場所をお店の前に
しておくことで、それを目印に集客することができます。

のぼり旗は縦に長く目立つので、基本的には設置場所は
それほど限定されないものです。

けれども大きなメリットを享受するためには、できる限り遠くからでも
見えるような位置で立てることにより、注目度を高めることができます。

また、お店の間口が広い場合には、数本をまとめて
立てておくのも効果的です。

目立つ

普段は何もない場所にのぼり旗を立てることで、特別感を
演出することができます。

そのためにキャンペーンなどを行う場合には、短期間で
より多くの集客を見込めるメリットが生まれます。

また一定期間だけ使用すれば良いので、耐久性も
それほど必要はなくなります。

そのためにコストを抑えるメリットが生まれます。
のぼり旗は風によって多少動きがあった方が注意を引くことができるので、
風通しが良いところを設置場所にするのもポイントになります。

また、街路樹の陰に隠れないようにしたり、他のお店の前に
置かないなど細かな点にも注意は必要になります。

屋内のイベント会場などで設置するのであれば、通りからの
見通しの良い場所に置くことが必要です。

他のブースの陰に隠れないようにすることが大切です。